風俗が私の原動力

シチュエーションを加味します

風俗で遊ぶ際に何よりも考えるのはシチュエーションなんですよ。やっぱり遊ぶからには気持ちの100%を風俗にというか、余計なことを考えたくないじゃないですか。それこそ風俗で遊ぼうって思って待合室にいる時に仕事先から電話がかかってきたらそれだけでも気分が下がりますよね(苦笑)気分が下がるくらいであればまだまして「会社に戻ってこい」とか言われたらテンションどころか遊ぶことそのものをキャンセルしなければならないケースもあります。そうならないためにも、風俗で遊んでも問題ないシチュエーションをとは思いますよね。そうじゃなければ意味がないというか、他ならない自分自身のためなんです。中途半端な気持ちで遊びたくない…というか、遊ぶからには真剣に遊んで、心から満足したいじゃないですか。ホームページなどで女の子を探すよりも、まずは風俗だけに集中出来るシチュエーションなのか。そこが自分の風俗遊びの際の大きなテーマなんですよ。

出来ることなら風俗で。第一希望です

休みの時に何をするのかは自分の自由ですけど、第一希望は風俗ですね。これは間違いありません。ただ、時間的な問題もあればお財布の問題もあります(笑)特にお財布の問題は切実だなって思いますので休みの度に風俗で遊ぶのは難しいんですけど、それでも自分の好きなように遊ぶのがいいんじゃないのかなって思っているので、月に二度、あるいは三度と遊ぶこともありますね。それくらい好きってことですが、その理由はやっぱり男の本能だから理屈そのものじゃないと思いますよ。理屈じゃなくて本能を刺激してもらうのが風俗じゃないですか。ということは、風俗は自分の好きなように楽しめばそれでいいんじゃないのかなと思うんです。あんまり深く考えても結論なんて出ないし、そもそも男が女の子のことを好きなのもまた、理屈ではないんです。それなら風俗で楽しむのもまた、理屈ではないので遊びたいなって気持ちになるのは良く分かる話ですし、更に言えばそれも本能です。