風俗が私の原動力

妄想は自由の世界、それが風俗

実際に女の子と向き合って奉仕されるのが楽しいのはわざわざ説明するまでもないと思うんですけど、頭の中で思いを巡らせるだけでも楽しいのが風俗なんじゃないかなと(笑)イマジネーションはかなり発揮するタイプなんです。だから風俗のホームページで女の子を見ても、そこでどんなことを楽しむのかを考えた上で、じゃあそこにどのような楽しさが待っているのかや、使えるオプションはなんだろうと調べた上で、そのオプションも妄想の中で楽しんだり(笑)言葉にするとちょっと怖いなって自分で思ってしまいましたけど、でもこうして頭の中でいろんなシミュレーションをすることによって、自分の理想なのかどうかということも分かってくるじゃないですか。だから風俗で遊ぶ時に自分が心掛けているのは、何と言っても自分との相性であり、シミュレーションでも楽しめたのかどうかですね。シミュレーションして楽しければ、実際に遊んでもやっぱり楽しいものなんですよ。

理屈では語れない魅力に気付いたかも

体に刻み付けるのが風俗の快感だと思いますので、風俗で遊ぶ時に思うのは、やっぱり楽しいのは間違いないんです。それは間違いないんですけど、、ただどのようにして楽しむのかは自分次第です。そして、その部分と言うのは理屈ではないんじゃないかなとも思うんですよね。それだけに、風俗で遊ぶ時にはやっぱり楽しさもありますけど、それ以上に理屈ではない、まさに本能を刺激されることによる楽しさが待っているんじゃないのかなと思うんですよね。それもあって、風俗で遊ぶ時には自分でも言葉には説明出来ないケースもあるんです。指名した子の良さを理屈で説明しろと言われても難しいと言うか、フィーリングとしか言えないようなケースもあるんです。それでも楽しめることだけは間違いないじゃないですか(笑)だからそれで十分なんじゃないですかね(笑)どんな理屈であれ風俗が楽しいのは間違いないんです。その楽しさは、男が求めているものでもありますし。